本校ホンコウ教育キョウイク目標モクヒョウとの対応タイオウ
  本校の教育目標との対応
情報ジョウホウ科学カガク教育キョウイクプログラムの学習ガクシュウ教育キョウイク到達トウタツ目標モクヒョウ 1 2 3 4 5
A 「ハードウェア」・「ソフトウェア」・「数理基礎」に関する知識の修得      
(1) ハードウェアの基本動作を理論面から解析できるとともに,ソフトウェア的手法を利用してハードウェアを設計できる.    
(2) ソフトウェア開発において,数理的理論に基づくスマートな設計ができるとともに,ハードウェアの基本動作を意識した設計ができる.    
(3) コンピュータネットワークの動作を通信理論の観点から数理的に解析できる.    
(4) 現実の問題や未知の問題に対して,問題の本質を数理的に捉え,コンピュータシステムを応用した問題解決方法を多角的視野から検討することができる.         
B 実体験によって培われる実践力の養成          
(1) 与えられた問題を分析・モデル化し,解決方法を立案し,その有効性をコンピュータや測定装置を使って確かめることができる.      
(2) 実験・実習で培われる豊かな体験と基礎理論の深い理解との融合により,問題を的確に把握し,問題解決手法を自ら立案・推進できる.      
(3) 社会の多様なニーズに応えるコンピュータシステムを設計・開発するためのデザイン能力を有する.      
(4) さまざまなデータ(数値・文字・画像・音声・知識など)に対し,コンピュータを用いて実際に解析・処理することができる.      
C 世界的セカイテキ視野シヤをもつ良識リョウシキある人間性ニンゲンセイ育成イクセイ          
(1) 作ったものが社会に与える影響を正しく認識し,技術者としての倫理観をもっている.      
(2) 世界セカイ文化ブンカ歴史レキシ理解リカイし,人間に対する配慮を怠らない.      
(3) 英語エイゴによるコミュニケーション基礎キソ能力をもっている.        
(4) 日本語を使って,説得力のある口頭発表ができ,筋道を立てて報告書を書くことができる.        
           
1. 社会の変化と要請を的確に捉え、ものづくりを多面的に認識し、実現可能なシステムを構築できる技術者の養成          
2. 実験・実習で培われる豊かな体験と、基礎理論の深い理解との融合から生まれるエンジニアリング基盤の確立          
3. 問題意識と考える力を持ち、自ら学習することによる創造力と実践力の養成          
4. 科学的な分析にもとづく論理的な記述力、明解な口頭発表力、十分な討議力、および国際的に通用するコミュニケーション能力の習得            
5. 世界の文化・歴史の中で技術が自然や社会に及ぼす影響を考え、自らの責任を自覚し、誇りを持つことのできる技術者の育成          
Copyright (C) 2003-2013 国立豊田工業高等専門学校情報工学科